B型肝炎の給付金請求について知ろう

給付金今の時代において、B型肝炎というのは治療をすれば治ることが多いと言われています。ですが、それによって健康を損なわれた人がたくさんいることもまた事実です。今、B型肝炎給付金というものがあるのですが、この対象はどのような人なのかということを紹介していきます。

大きく分けると、一次感染者、二次感染者、そして三次感染者と言ったものなのですが、まずは一次感染者についてです。これは、国が集団予防接種による注射器の使い回しを放置していた期間に予防接種を受けた人になります。つまりは、1941年の7月から、1988年の7月に生まれた人ということになります。この期間に注射を受けたという場合であれば、だれもが感染被害者という可能性があるのです。

それから、二次感染者というものですが、これはものすごく簡単に言ってしまうと、一時感染者の子供ということになります。母子感染によるB型肝炎ウイルス所持者も、やはりB型肝炎給付金を受ける対象になるということです。ですから、B型肝炎の疑いがある家族がいるのならば、家族で検査を受けてみるようにするのも良いです。平成26年度からは父子感染も給付対象になっています。三次感染者というのは、祖父、祖母がB型肝炎持続感染の場合であるということです。三代まとめての請求も可能という点があります。

ここでは、こうした点について詳しく紹介します。B型肝炎について困っているなら参考になれば幸いです。